【久米島】町山城の久米島家畜市場で1月18日、肉用牛の初競りが開かれ、最初に登場した子牛が今年の最高額104万3千円の値を付け、幸先の良いスタートを切った。 子牛228頭、成牛13頭の計241頭が競りに掛けられた。うち取引成立は234頭で、昨年1月を10頭上回った。