大宜味村出身の実業家、故大嶺薫氏(1905〜1970)が集めた美術品などを展示する「かざる−大嶺薫コレクション−」が1日、那覇市おもろまちの県立博物館・美術館で始まった。3月11日まで。 大嶺氏は戦前から戦後、世界各地の美術品や民芸品などを収集し、3千点以上を所有した。