【名護市長選取材班】新基地建設や市民生活向上の政策で論戦が繰り広げられている名護市長選は1日、最終盤の「三日攻防」に入った。現職の稲嶺進さん(72)と、前市議で新人の渡具知武豊さん(56)の両候補は市内各地に繰り出して市民と触れ合い、公約と支持を訴えた。