3日は「節分」。いった豆をまいて邪気(鬼)を追い払い、無病息災を願う。那覇市安謝の風のうた保育園(知念みね子園長)では2日、園児約80人が一足早く豆まきを楽しんだ。

「鬼は外」と声を張り上げ、豆をまく子どもたち=2日、那覇市安謝・風のうた保育園(下地広也撮影)

 鬼が来ないかとおそるおそる周りを見渡す子どもたち。鬼が姿を現すと、「ワァー、キャー」と声を上げ、「鬼は外、福は内」の掛け声も忘れ、必死に逃げたり、懸命に豆を投げつけたりした。

 立ちすくんでしまった牧野志音ちゃん(6)は「もう来てほしくない」と涙目。仲程メミちゃん(6)は「豆は投げたけど怖くて逃げた」と、鬼が去りホッとした様子。全部豆を投げたという赤嶺侑司ちゃん(5)は「また鬼が来ても退治する」と元気いっぱいだった。