名護市辺野古の新基地建設で沖縄県は2日、沖縄防衛局が事前協議を終えずに工事着手したことは「留意事項」に違反するとして、工事を中止し協議するよう防衛局に文書で指導した。県土木建築部の伊禮年男統括監が防衛局に提出した。翁長雄志知事は同日の記者会見で「事前協議が整うまで着工すべきでない」と批判した。