名護市辺野古の埋め立て承認取り消し後の目まぐるしい動きの中、翁長雄志知事が新たな一手を打った。国地方係争処理委員会(係争委)に、取り消しの効力を停止した石井啓一国交相の決定は「違法」と審査を申し出た。