沖縄県は2日、中国最大の海外インターネット通販サイト「Tmallグローバル(天猫国際)」内に県産品コーナー「沖縄館」を開設した。11日ごろまでに健康食品などを中心に11社の20商品を販売する。同サイト内に日本の自治体がページを作るのは初めて。「長寿の島沖縄」のイメージ強化と県産品の海外販売支援を狙う。

天猫国際内に開設された県産品コーナー「沖縄館」のページ

 天猫国際の利用会員数は約7億人。日本と中国で通販サイトの運営を手掛ける「エフカフェ」(大阪市、江上周平代表)が運営する天猫国際の店舗サイト「心地」の中に沖縄館を開設。長寿に関する沖縄のデータも掲載し、健康食品、天然食材、美容のカテゴリーに分けて商品を紹介する。沖縄館の1カ月の売り上げ目標は100万円。

 県の公募には13社25商品が応募。長寿のイメージや機能性の高さを踏まえて20商品を選んだ。

 県は13~15日にかけて、北京国際高齢産業博覧会に初出展し、同サイトと出展商品、長寿の島沖縄をPRする。

 2日に県庁で会見した県国際物流商業課の慶田喜美男課長は「まだ県内企業に単独で海外展開する力はない。先行モデルとして、長寿のイメージがある商品を出品し、効果を測っていきたい」と話した。