沖縄タイムス+プラス ニュース

中日キャンプ地・北谷公園に新ブルペン完成 又吉投手「結果出したい」

2018年2月5日 18:39

 沖縄県北谷町の北谷公園で1月29日、投球練習場(ブルペン)の落成式があった。北谷でキャンプをするプロ野球中日ドラゴンズの又吉克樹投手や町内の小学生が投球し、新ブルペン完成を祝った。

投球練習場の落成式でピッチングを披露した中日の又吉克樹投手(後列中央)と少年野球の子どもたち=北谷公園

 これまでキャンプ期間中は中日が仮設のブルペンを建て利用していた。町が屋根付きのブルペンを常設したことで、年間を通じた市民の利用も見込んでいる。

 デモンストレーションで小学生と一緒に投球した又吉投手は「きれいな場所を造ってもらった。結果を出して来年戻ってきたい。野球をする子が少しでも多くなればうれしい」と笑顔を浮かべた。落成式には、町や球団関係者が列席。野国昌春町長は「公園の利用者が増えるよう期待している」とあいさつ。中日ドラゴンズの矢野博也社長は「投げやすく、音の響きがいいと投手陣も気に入っている。亡くなった星野仙一監督が北谷をキャンプ地に選び23年、球団の要望に誠実にお応えいただいている。尽力に報いるため日本一を目指す」と感謝した。

 投球練習場は鉄骨造りで、8人が同時に投球できる。敷地面積約555平方メートル。昨年7月に着工し12月完成。総工費は一括交付金を使い約9千万円。

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

沖縄関連、今話題です(外部サイト)

JavaScriptをOnにしてください

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム