【東京】安倍晋三首相は5日午前、名護市長選で自民と公明、維新が推薦した新人の渡具知武豊氏(56)が当選したことについて「本当に勝って良かった。選んでもらった名護市民に感謝したい」と述べた。「基地問題については市民の理解を得ながら、最高裁判決に従って進めていきたい」と辺野古への新基地建設を進める考えを示した。首相官邸で記者団に答えた。

安倍首相(資料写真)

 今後の市政との関係について「落ち着いた政治を行って、市民生活を良くするために経済や雇用を良くしていく。新市長は教育や福祉、環境行政に力を入れてもらいたいという市民の声に応えてもらいたい。国としても責任をもって応援する」と支援を明言した。