【恩納】沖縄科学技術大学院大学(OIST)は、琉球大学、大阪府立大学など計11機関の研究コンソーシアムで開発に取り組んでいる、糖や脂肪の吸収を遅らせて生活習慣病の予防につながる「難消化米」の県産品種の名称を募集している。

OISTなどの共同研究グループが県産品種の開発に取り組む「難消化米」(OIST提供)

 同米は来年夏をめどに品種登録の申請、同年度中の登録完了して、「機能性表示食品」としても来夏ごろに申請し、2カ月後の販売開始を目指している。

 名称は、応募フォームをOIST内などに設置する専用箱に投函(とうかん)か郵送が必要で、OISTのホームページでも応募が可能。審査の上、品種登録時に決定予定。採用者には記念品が贈られる。

 応募期間は25日まで。問い合わせはOIST地域連携セクション、電話098(966)2184。