2018年(平成30年) 2月21日

沖縄タイムス+プラス ニュース

具志堅会長「本当によくやった」 果たせなかった夢、まな弟子が実現

 自身が果たせなかった地元沖縄での世界戦勝利の夢を、まな弟子が37年ぶりに成し遂げた。元世界ボクシング協会(WBA)ジュニアフライ級王者の具志堅用高会長は、比嘉大吾がKO勝ちを決めると、リング上で強く抱きしめた。「いろんなプレッシャーもある中で、本当によくやってくれた」。目頭を強く押さえ、込み上げてくる涙を必死にこらえた。

試合後のインタビューで、具志堅用高会長(右)のコメントに笑顔を見せる比嘉大吾=県立武道館

 勝因に挙げたのは、右ストレート。「相手もビデオで研究し、左の使い方がうまいと警戒していたはず」と試合直前まで右ストレートとボディーを練習させた。「最初に右ストレートをもらい、挑戦者はリズムが狂ったと思う。うまくかみあった」とうなずく。

 沖縄での防衛戦が決まり、何度も東京と沖縄を往復する日々を送った。1981年の自身の敗戦が頭をよぎることもあった。「大吾にしかない、王者になれる要素は持っている。パンチのある選手は世界で一番怖いですよ」と太鼓判を押し、「夏までにはもう1度させたいね」と3度目の防衛戦を思い描いている。(我喜屋あかね)

名伯楽のミット―ボクシング王国・沖縄金城眞吉の道
磯野 直
沖縄タイムス社
売り上げランキング: 635,938

野球・ゴルフ・サッカー・バスケ・・・プロからアマまでスポーツ全記事、読み放題! >>「沖縄タイムス+プラス スポーツ」

あわせて読みたい

関連リンク

沖縄タイムス+プラス ニュースのバックナンバー

アクセスランキング

ニュース 解説・コラム
24時間 1週間
24時間 1週間