【東京】菅義偉官房長官は4日の会見で、沖縄県名護市辺野古の新基地建設の埋め立て予定地で土器や石器が発見されたことについて「承知していない」と述べ、事実関係を把握していないことを明らかにした。

菅義偉官房長官

 今後、沖縄県教育委員会が一帯を遺跡に認定した場合、文化財保護法に基づく調査が必要なため建設計画に大幅な遅れが生じる可能性がある。調査に応じるか問われた菅氏は、「法治国家なので、法律に基づいて適切に対応していく」と述べるにとどめ、対応への言及を避けた。工事計画への影響にも答えなかった。

 一方、米軍キャンプ・シュワブ前での抗議行動への警備に警視庁の機動隊が投入されたことに関して「沖縄県警察が適切に判断した」と語り、県警の要請だったことを明言した。