第11管区海上保安本部の坪上浩治次長らが4日、沖縄県庁に浦崎唯昭副知事を訪ね、尖閣諸島周辺で領海侵入を繰り返す外国漁船などに対応するため、2016年秋ごろに宮古島海上保安署に小型巡視船3隻を追加配備することなどを報告した。

沖縄県の浦崎唯昭副知事(写真右)に巡視船の追加配備を報告する第11管区海上保安本部の坪上浩治次長(写真右から2人目)

 現在、同署に配備されている小型巡視船は1隻のみ。来年秋の新たな配備に合わせ、同署は宮古島海上保安部に格上げされる。また、16年度予算の概算要求で、さらに同型船3隻の配備を盛り込んでいることも説明した。訪問は、冒頭部分のみの公開。坪上次長は副知事表敬後、記者団の取材に対し「副知事からは、今後とも頑張ってくださいとのお言葉を頂いた」と述べた。