選挙カーが行き交う名護市辺野古の集落。大音量で訴える候補者の政策は人通りのない街に幾度も響いた。新基地建設で県内外から関心が高まる一方、20年以上、賛否を巡って分断された住民からは「早く選挙が終わってほしい」との言葉も漏れた。