沖縄県糸満市摩文仁の観光施設「うちなーファーム」(糸満市観光農園、清川浩志代表取締役)が10月30日に開園し、清川代表や上原裕常糸満市長ら関係者がテープカットで祝福した。

テープカットする清川浩志代表(中央)、上原裕常市長(左から2人目)ら=10月30日、糸満市摩文仁

糸満市にオープンした観光施設「うちなーファーム」

テープカットする清川浩志代表(中央)、上原裕常市長(左から2人目)ら=10月30日、糸満市摩文仁 糸満市にオープンした観光施設「うちなーファーム」

 同施設は糸満市観光農園をリニューアルしたもので「株式会社うちなーファーム」が運営。アセローラやマンゴーなど4種類のフルーツワインを製造販売する。そのほか沖縄の島野菜の収穫体験や、動物ふれあい広場などもあり、農業振興や地域活性化の発信地として期待されている。

 清川代表は「素材の良さを生かして上質のワインを造り、糸満市の良さを全国に発信したい」と述べた。上原市長は「たくさんの沖縄に触れ合える場所として開園した。市の観光振興のけん引役を担ってもらいたい」と期待した。

 開園時間は午前9時~午後6時で年中無休。入場料は大人600円、4歳以上中学生まで400円。4歳未満は無料。