陸上自衛隊第15旅団(那覇市)は1日、同僚の財布から現金計3万円を盗んだとして、第51普通科連隊の男性陸士長(22)を同日付で免職処分にしたと発表した。 司令部総務課広報・渉外班によると陸士長は昨年8月9日午前7時40分ごろ、駐屯地営内隊舎で、同僚2人の財布から現金合計3万円を窃取した。