名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前では3日、雨が降る中、新基地建設に反対する市民ら最大で約400人が集まり、「新基地は絶対に造らせない」「諦めない」と声を上げた。節分の日に合わせ、「基地は外」「福は内」と豆まきをする姿もあった。 同日午後3時までに、資材搬入の車両の出入りはなかった。