翁長雄志知事ら「オール沖縄」勢力と政府与党の自民が激しい攻防戦を展開した名護市長選は、自民が公明、維新と推薦した新人の初当選を勝ち取った。名護市辺野古の新基地建設問題が最大争点となった名護を制したことで、辺野古の争点化が必至の知事選での県政奪還に大きな一歩を踏み出した。