「市民の暮らし向きの向上」が最大争点とした渡具知武豊氏が新たな名護市長に選ばれた。学校給食費、保育料、学校教材費の無償化など踏み込んだ子育て支援策を掲げるが、政策実現には予算の裏づけが必要となる。財源の確保に向けた手腕が問われる。 渡具知氏によると、子育て支援策の実現にかかる予算は約10億円。