文化系高校生の祭典、第39回沖縄県高校総合文化祭(主催・県高校文化連盟)の総合開会式が6日、沖縄市民会館で開かれた。大会テーマは「創造の森 発展の海 戦後70年羽ばたく未来」。写真や演劇、郷土芸能など19部門で日ごろの活動の成果を発表し、全国大会への出場権を目指す。22日まで。弁論や囲碁、将棋など6部門は既に終えた。

躍動感のある「御結婚の御祝」(うにびちぬうゆえ)を披露した南風原高校郷土芸能部=6日、沖縄市民会館(長崎健一撮影)

 開会式では、吹奏楽部門に出場するコザ高校2年の玉城菜々子さんが生徒を代表して「これからの沖縄の音楽や文化をさらに向上させるために、お互い切磋琢磨して高め合いましょう」とあいさつ。今年の全国高校総合文化祭で優秀賞に輝いた南風原高校郷土芸能部が華やかな演技で観客を魅了したほか、小禄高校の合唱など9部門の生徒が舞台発表した。

 最終日の22日午後2時からは、パレード部門が那覇市の国際通りで開かれる。