カルビーの伊藤秀二社長が5日、沖縄県庁に富川盛武副知事を訪ね、19日から「ポテトチップス 中味汁味」を九州・沖縄の8県で発売すると報告した。スーパーやコンビニのほか、カルビー直営店やアンテナショップでも販売する。3月下旬までの期間限定商品とする。

カルビーが発売する「ポテトチップス中味汁味」

富川盛武副知事(左)に「ポテトチップス中味汁味」の発売を報告したカルビーの伊藤秀二社長=県庁

カルビーが発売する「ポテトチップス中味汁味」 富川盛武副知事(左)に「ポテトチップス中味汁味」の発売を報告したカルビーの伊藤秀二社長=県庁

 47都道府県の「地元ならではの味」を開発する同社の「♥JPN(ラブジャパン)」プロジェクトの一環。約1年前から県の職員のアイデアや意見を取り入れながら開発を進めてきたという。

 他に「にんじんしりしり味」や「あんだんす味」などの案も出たが、「味の再現性が高く、県民にとって親近感がある」との理由で「中味汁味」に決まった。

 伊藤社長は「われわれだけでは思いつかないアイデア。県の人のおかげてこの味に到達できた」と感謝した。

 パッケージには紅型の柄をあしらい、沖縄観光PR大使の花笠マハエちゃんとマハ朗くんのイラストもプリント。「全面的に沖縄を応援する商品」とPRした。

 商品を試食した富川副知事は「本当に中味汁の味がする」と喜び、「食文化に共通性がある台湾などの観光客の方々にも買ってもらえるのではないか」と期待した。