沖縄地方は5日、大陸の高気圧の張り出しに伴う寒気の影響で曇り、弱い雨が降った。久米島空港で午前5時51分に2月の観測史上最低の9.4度を観測するなど、県内の観測地点9カ所で今季最低気温(同日午後5時現在)を記録した。

5日の那覇市内

 国頭村奥で午前5時36分に7.2度を観測。最低気温は各地で平年より1.8~5.8度下回り、冷え込んだ。

 沖縄気象台によると、12日までの向こう1週間は、気圧の谷や寒気の影響で曇りや雨の降る日が多い。最高気温・最低気温はともに平年より低く、かなり低い日もある。