名護市長選で経済振興を中心に訴えた渡具知武豊氏が初当選した。選挙結果にかかわらず、辺野古新基地建設を着実に進める方針だった政府・自民党だが、全面支援した候補が市民からの「信任」を得たことに安堵(あんど)する。