金城カマルさん(きんじょう・かまる=県内高齢者)3日午後1時35分、老衰のため、宜野湾市内の老人施設で死去、101歳。旧高嶺村真栄里出身。自宅は宜野湾市愛知3丁目。告別式は6日午後2時から2時半、浦添市前田2の15の1、サンレー中央紫雲閣で。喪主は長男の勝雄(かつお)さん。