沖縄県の名桜大看護学科2年の仲村由衣さん(21)、國吉愛加さん(21)の2人が1月、偶然出会った韓国人男児(3)の急病に対応し、助けた。男児は救急搬送され、無事だった。冷静な対応に、男児の家族から感謝の言葉が届いた。

男児を助けた仲村由衣さん(左)と國吉愛加さん=名護市・名桜大

 1月5日、名護市内で車に同乗していた2人は沿道に止まった大型レンタカーの中で激しい動きをしている人々を見掛け、気になって近寄った。見ると、家族が男児に心臓マッサージをしていた。

 看護学の知識を生かして脈を測り、呼吸を確認してマッサージの必要はないと家族に伝えた。家族は男児と父母、おじ、祖父母の6人。パニック状態だったが、英語で「大丈夫」「落ち着いて」と語り掛け、男児の意識を保とうと名前を一緒に呼び続けた。

 別の男性が呼んだ救急車が到着すると、状況を整理して説明し、救急隊員と家族の会話を通訳した。男児は発熱によるけいれんで、大事には至らなかった。

 1週間後、家族から「旅行を楽しみ、無事に韓国に帰ることができた。感謝したい」とメールが届いた。

 仲村さんは看護師資格を取って海外で活動するのが目標。「ありがとう、という言葉が心に染みた。授業では分からないことを学べた」という。救急分野の看護師を目指す國吉さんは「最初は緊張したけど、男の子が大丈夫で良かった。やりがいを感じた」と話した。

 大学も「学びを生かした立派な行動」(山里勝己学長)と高く評価し、表彰することにしている。