サッカー明治安田J3で9位のFC琉球は8日、沖縄県総合運動公園陸上競技場で4位のSC相模原に4―6で敗れた。

 2点を先制された琉球は、前半35分にオウンゴールで1点を返すと、40分にMF岩渕良太、42分にはMF小幡純平の連続ゴールで3―2と逆転して試合を折り返した。

 だが後半9、19、20分と失点して3―5にされ、再び追いかける展開に。同23分にFW中山悟志のゴールで1点差に詰め寄るも、41分にFKからダメ押し点を奪われて力尽きた。

 通算成績は12勝7分け15敗で勝ち点は43のまま。順位は9位と変わらない。

 次戦は15日、福島県とうほう・みんなのスタジアムで6位の福島ユナイテッドFCと対戦する。