1月30日夜。辺野古新基地建設工事を推進する民間組織「北部地域振興協議会」の新年会が始まった。名護市内の宴会場には、百数十人が集い、にぎわっていた。 工事を受注する大成建設など大手ゼネコン関係者、市内建設会社の幹部、そして沖縄防衛局の中嶋浩一郎局長も足を運んだ。