2018年度当初予算案は、喫緊の課題である子どもの貧困対策や子育て支援に加え、アジア経済戦略構想の一環で情報通信や、ものづくり産業、観光インフラ整備などを重視する構成になった。