【山城博明通信員】オキナワ移住地ゲートボール愛好会(津嘉山修会長)主催の「ゲートボール・ボリビア大会」が10月25日、オキナワ第2移住地のゲートボール場で行われた。 

ゲートボールの試合を楽しむ参加者たち=オキナワ第2移住地

 ボリビア大会といってもオキナワ移住地、サンフアン日本人移住地の愛好者間の大会。

 近年は愛好者の高齢化に伴い参加者も減っている。

 津嘉山会長は「今日は晴天で、気温も上がりそう。水分補給などで健康に気を付けながらゲートボールを楽しみましょう」と励ました。

 以前は20チーム以上が参加したが、今回は9チーム。参加者は数年来のメンバーで知り合いであり、互いの技量も知り尽くしている間柄。

 親睦が目的で、試合中も和気あいあいと穏やかな雰囲気の中でゲームは進んだ。 

 昼食時には公民館で地域婦人会の手料理に舌鼓を打ち、ゲートボール談議で盛り上がり交流を深めた。