【山城博明通信員】ボリビア日本語教育研究委員会(本多由美委員長)主催の「第25回お話大会」が10月10日、サンフアン日本人移住地のサンフアン日本ボリビア協会の公民館で行われた。

お話大会で発表した生徒らと大会関係者ら=サンフアン日本人移住地

 本多委員長は「25回目を迎え、25年も続けることは簡単なことではない。その年月を重く感じ、今後もこのお話大会を継承し、さらに発展させていきたい」と述べた。在サンタクルス領事事務所の小林弥生書記官は「ボリビアの地で日本語を勉強していることは大変素晴らしいこと。日本語は今後、いろいろな面で役に立ってくるので、くじけずに勉強し続けてほしい」と励ました。

 参加したのはオキナワ第一日ボ校、ヌエバ・エスペランサ校、サンタクルス日本語普及学校、ラパス補習授業校、開催地のサンフアン学園の生徒たち。発表は低学年の朗読の部、初等1年から中等3年生のお話の部に分かれて行われた。また、日本語を学ぶボリビア人の特別・普及クラスの生徒の発表もあった。

 生徒たちは家族のことや学校生活、いろいろな行事に参加して感じたことなどを発表。ヌエバ・エスペランサ校の玉城愛香子さん(11)=小5年=は、サンタクルス市近郊の道路沿いに不法投棄ごみがたくさんあることについて「最近ではオキナワ第3移住地近くの道路にまでごみが捨てられていて、人の意識を変える必要があり、皆さんも協力してください」と訴えた。

 同校の玉城香さん(13)=中等2年=は、今年ヌエバ・エスペランサ校を卒業するが、9年間通った学校生活の思い出を発表。生徒会長に選ばれ、生徒会の活動として月1回の地域のごみ拾いをした。地域住民から喜ばれ、炭酸飲料やアイスクリームをサービスされてうれしかったことなどを話した。