第104回秋の全島闘牛大会(主催・沖縄県闘牛組合連合会、後援・沖縄タイムス社)が8日、うるま市石川多目的ドームで行われた。県内各地から闘牛ファンや観光客など約3500人の観客が詰め掛け、延々3時間にわたって次々に繰り広げられる13組の対戦に見入った。

【重量級】右からのハネ上げで一撃ガン太(左)を攻める東立成号=うるま市石川多目的ドーム

【中量級】10回連続防衛の大記録を達成し、意気揚々と引き上げる闘将ハヤテと牛主の幸地良盛さん(右)

【軽量級】準風巧(右)に腹取りを決める古堅モータース☆白眉

第104回秋の全島闘牛大会

【重量級】右からのハネ上げで一撃ガン太(左)を攻める東立成号=うるま市石川多目的ドーム 【中量級】10回連続防衛の大記録を達成し、意気揚々と引き上げる闘将ハヤテと牛主の幸地良盛さん(右)
【軽量級】準風巧(右)に腹取りを決める古堅モータース☆白眉 第104回秋の全島闘牛大会

 闘牛界屈指の強牛同士の激突は見応え十分。ごう音のような大歓声が何度も上がり、観客は闘牛の醍醐味(だいごみ)を満喫した。注目を集めた三つのタイトルマッチの結果は、重量級(前チャンピオンの王座返上による決定戦)で東立成号が2季ぶりにチャンピオン復帰。中量級は闘将ハヤテが15戦全勝で10回目の王座防衛に成功した。

 軽量級は挑戦牛の古堅モータース☆白眉が現王座の準風巧を破り、新チャンピオンに。3番とも息をのむ激戦で会場は沸きに沸いた。

 最強牛を決める重量級は結びの一番で行われた。東立成号と一撃ガン太が対戦開始と同時に火花散る激しい押し合いになり、観客の目をくぎ付けにした。十数秒間は互角の押し合いだったが、次第に東立成号の出足が勝った。

 右、左と強引なハネ上げを連発しながら前に出ると、ガン太はずるずると後退。下がるガン太の腰が引けたところに東立成号の怒とうの一発がさく裂すると、ガン太の上体が一瞬宙に舞い上がり、あっという間に体勢が崩れた。

 ここを勝機と東立成号が腹取りを決めると、たまらずガン太が敗走した。まさに電撃速攻、対戦タイム1分4秒で東立成号が文句なしの圧勝を収めた。東立成号は8勝1敗。

 中量級(防衛戦)も会場を沸かせた。序盤は、水平気味に湾曲した鋭い角を持つ金太郎が善戦。ハヤテの前進を食い止めたが、間もなく首力で勝るハヤテの攻勢が鮮明となった。金太郎にカケを決め、ぐいぐいと押して出る場面が増えた。2分すぎからは金太郎は防戦一方に。対戦開始4分すぎ、ハヤテが強引な押し込みからの腹取りに出ると金太郎はもろくも敗走。ハヤテは15戦全勝、10回連続防衛の大記録を達成した。

 軽量級(防衛戦)は、無冠の帝王の異名があった古堅モータース☆白眉が予想通りの強さを発揮。安定感たっぷりの戦いでチャンピオンの準風巧をほんろうした。巧もよく持ちこたえ、反撃の機会をうかがっていたが、4分すぎ白眉の強烈な腹取りを残せず、完敗を喫した。白眉は7勝目(1敗)で念願の新王座を獲得した。

 対戦の動画を見ることができます。http://togyu.ti-da.net/e8111173.html

(又吉利一通信員)