琉球ゴールデンキングスの略称は「琉球」ではない。TKbjリーグのルールで、順位表やスコアでは「沖縄」と書かれる

 ▼理由は「昔の地名は分かりにくいから」。一理あるが、せっかく琉球王朝ゆかりのキングスを名乗っているのに「沖縄」に言い換えられるのは釈然としない

 ▼王朝ロマンやアイデンティティーを強調する時に使うことが多い「琉球」。しかし復帰前は、逆に敬遠されていた経緯がある。米軍が日本とのつながりを断ち切ろうと多用したためだ。琉球政府、琉球銀行、琉球大学…

 ▼米軍支配に抵抗する人々は、アイデンティティーを込めて「沖縄」を使った。沖縄教職員会に、沖縄県祖国復帰協議会。両方に関わった元沖教組委員長の石川元平さん(77)は「当時、琉球という言葉には生理的反発さえ覚えていた。その後歴史を学び、誇りを持って使うようになった」という

 ▼廃藩置県で名付けられたためか、「沖縄」には現代のイメージがある。実際は「ウチナー」に対応する古い言葉だ。要は、使い手や時代が言葉に色を付けるのだろう

 ▼キングスは来年、統合新リーグ「Bリーグ」に参戦する。略称ルールは「検討中」というが、ここはぜひ「琉球」を認めてほしい。外の力に左右されてきた歴史を振り返るまでもなく、名乗り方を決めるのは大切な権利だと思う。(阿部岳)