子どもの貧困解消に取り組む「沖縄子どもの未来県民会議」(会長・翁長雄志知事)と、子どもの貧困対策関連の基金を設置する団体による意見交換会が6日、那覇市の県議会棟であった。昨年に続く2回目の開催で、支援状況の報告や継続的な支援に向けた財源確保、情報発信などを話し合った。