【ツール・ド・おきなわ取材班】自転車競技の祭典「ツール・ド・おきなわ2015」は8日、国際自転車競技連合(UCI)公認の男子チャンピオンレース210キロが本島北部一円であり、ニュージーランドのクリスティ・ジェソン(アバンティーレーシングチーム)が5時間37分6秒で初の栄冠に輝いた。

山岳コースへの入口で一気にカーブを曲がるチャンピオンレース210キロの選手たち=8日午前9時前、国頭村与那(渡辺奈々撮影)

 県勢トップは5年ぶりに復活したチームおきなわの普久原奨の17位だった。女子国際レース100キロはファン・ティンイン(台湾)、ジュニア国際レース140キロはフン・カホー(香港)が優勝した。市民レース210キロは高岡亮寛(東京都)が制した。

 27回目となる今大会は、レース部門とサイクリング部門に過去最多の計4593人がエントリー。参加者と沿道が共にやんばるの秋の風物詩を楽しんだ。

 主催はツール・ド・おきなわ協会、北部広域市町村圏事務組合、日本自転車競技連盟。特別協力は沖縄タイムス社、琉球放送、NHK沖縄放送局。

■協力お礼

 「ツール・ド・おきなわ2015」は8日、沿道の皆さまのご協力で無事終了いたしました。各警察署、救護関係者、ドライバーの方々、ボランティアの皆さま、ご協力をいただいた企業各社にお礼を申し上げます。 NPO法人ツール・ド・おきなわ協会