信号待ちをしていた車内で急性心筋梗塞を起こし意識不明になった男性(77)に心臓マッサージをするなど連携し救助したとして、沖縄県警嘉手納署(砂川淳署長)は1月31日、小学校教諭の新垣尚子さん(45)、主婦の中川恵子さん(29)、医師の池原幸雄さん(83)に感謝状を贈った。

人命救助し感謝状を受け取った(左2人目から)池原さん、中川さん、新垣さん=嘉手納署

 同月18日午後4時20分ごろ、沖縄県嘉手納町嘉手納の町道で、先頭にいた車が青信号に変わったにもかかわらず、発進しなかった。後続車の新垣さんが不審に思い、車を降りてのぞきこみ意識を失っている男性を見つけた。新垣さんの後ろの車を運転していた中川さんは「故障かな」と追い越そうとしたときに、ぐったりしている男性の姿が見えた。2人はシートを倒し、元看護師の中川さんが心臓マッサージ。新垣さんも近くの池原内科へ駆け込んだ。院長の池原さんがAEDで蘇生措置し、到着した救急隊に引き継いだ。迅速な対応が功を奏し、男性は後遺症もなく回復中だという。

 新垣さんは「職場で心肺蘇生の講習が毎年ある。びっくりしたが慌てはしなかった。池原先生や看護師の中川さんがいて心強かった」と話した。米国で1年ほど看護師をしていた中川さんは冷静に脈を測り、訓練しか経験がないという心臓マッサージも施した。「助かったと聞くまでちゃんとできていたか気になった。助かって何よりだった」とホッとした表情を浮かべた。

 医院を開業し49年の池原さんも「今回みたいなケースは初めて」という。「処置が早かったことが後遺症なく助かった最大の理由。心筋梗塞は1分ごとに救命率が下がる。一般の皆さんもAEDを使用することができたら、たくさんの人が助かることになる」と話した。男性の長男は「偶然が重なり奇跡のように助けられた命。心から感謝している」と話した。