プロ野球のドラフト会議で巨人から3位指名を受けた普天間高3年の與那原大剛投手(17)が9日、那覇市内のホテルで同球団と契約金5000万円、年俸600万円(金額は推定)で仮契約を結んだ。背番号は46に決まった。

巨人と仮契約し、笑顔を見せる普天間高の與那原大剛(中央)と山下哲治スカウト部長(右)、武田康スカウト=ロワジールホテル&スパタワー那覇

 各球団から指名を受けた沖縄県関係選手7人の先陣を切った。與那原は会見で「読売ジャイアンツの一員になれてとてもうれしい。球団や日本を代表する投手に一日でも早くなれるよう頑張る」と力強く語った。