沖縄国際大学南島文化研究所が主催する第28回セミナーが6日、同大学であった。昨年8月から沖国大国内研究員として、社会学の視点でハンセン病を研究している松山大学(愛媛県)の山田富秋教授が講演。