県内離島の産業廃棄物処理で、コストや最終処分量の削減を図ろうと県は7日、焼却灰の再資源化を検討する委員会を那覇市内で開いた。県や市町村の関係者など約30人が参加。