県自然環境保全審議会(傳田哲郎会長)が6日県庁であり、沖縄の生物多様性を守るための県外来種対策指針案が示された。