名護市辺野古の新基地建設で、本体工事の埋め立て前の事前協議について、沖縄防衛局は「協議は終了した」とした上で、県からの質問には回答する意向を示す文書を9日までに県に提出した。9日に受理した県は、協議は終了していないとして、協議に応じるよう再指導などの対応を検討する。

 事前協議は、実施設計や環境保全について確認するもので、埋め立て承認時に留意事項として付した。県は協議がまだ続いていると指摘し、文書での指導もした。一方、防衛局は終了したと主張し、辺野古での工事に着手している。

 県は事前協議を終了せず本体工事を始めたことは「留意事項」に違反するとして、今後も指導を続ける方針だ。防衛局が設置した環境監視等委員会の一部委員らが、工事を受注した業者から寄付などを受けていた問題についても、防衛局から出された回答が不十分として、さらに詳細な資料を求めている。