名護市辺野古の新基地建設現場では7日、過去最多となる318台の工事車両が米軍キャンプ・シュワブのゲート内に入り、市長選翌日の301台を更新した。4日の市長選後から工事車両が増えていることに、市民からは「やはり選挙の影響がある」「一喜一憂せずに抗議活動を続ける」などの声が上がった。