【名護】沖縄県名護市辺野古沖で10日早朝、スパット台船などボーリング調査用の機材を載せた作業船2隻が臨時制限区域を示すフロート内で確認された。船上には作業員の姿があったが、掘削作業は確認されていない。

辺野古崎付近に到着したスパット台船=10日午前6時39分、名護市辺野古沖

 同日午前、新基地建設に反対する市民らが抗議船やカヌーに乗り、海上で抗議活動を展開した。

 米軍キャンプ・シュワブゲート前では同日午前7時ごろ、工事関係車両の進入を阻止しようと、市民ら約50人が機動隊ともみ合うなど一時騒然とした。