連載【「変化」の先に 名護市民の選択 4】【大学生(上)】はこちら 4日の投開票日、渡具知武豊さんの選挙事務所。歓喜する支援者に交じり、名桜大学4年の新垣康大さん(23)=市世冨慶出身=も涙をあふれさせていた。涙の理由は二つある。「当選のうれしさと、友人を批判してしまった葛藤がある。