日本トランスオーシャン航空(JTA、那覇市・丸川潔社長)は5月8~19日、通常1日1往復の那覇-岡山便を計40往復増便し、最大1日3往復にする。岡山からの修学旅行需要に応える目的だが、那覇を午前6時50分に出発する便や岡山を午後7時10分に出発する便があり、岡山観光にも便利だという。機材はボーイング737-400型機(定員145席)。

岡山観光の魅力をPRする(左から)マスコットキャラクターのももっち、岡山県観光連盟の松野理絵さん、「桃太郎女子」の鈴木理王奈さん、マスコットキャラクターのうらっち=8日、那覇市の沖縄タイムス社

 岡山県航空企画推進課の河合哲嗣統括副参事や岡山県観光連盟の松野理絵さんらは8日、沖縄タイムス社を訪れ、岡山空港からアクセスの良い岡山城や、川舟が楽しめる倉敷美観地区などの魅力をPRした。桃やブドウが有名な岡山ではフルーツパフェを味わえる店が増えているという。