名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブゲート前に8日、名護市長を前日に退任した稲嶺進さん(72)=写真右から2人目=が訪れた。「立場は変わっても、思いは同じだ」と述べ、新基地建設を止めるため諦めない姿勢を改めて示した。 「昨日の今日で、一つのけじめだから」とあいさつに来た稲嶺さん。