高齢社会を県民全体で支えようという考えを多くの人に伝える講演会が11日、那覇市久茂地のパレット市民劇場で開かれた。11月11日が「介護の日」に当たることから開催。落語家・林家源平さんの創作落語に約350人が耳を傾けた。

落語家の林家源平さんが、介護をテーマにした落語などを披露した講演会=11日、那覇市久茂地・パレット市民劇場

 介護の日は、2008年度から設けられており、今回の講演会は、県社会福祉協議会介護実習・普及センターが主催した。

 源平さんは、人気番組「笑点」をはじめとするテレビ番組に出演する一方、介護ヘルパー2級の資格を取得。今回の講演テーマは「落語家さんのヘルパー修行日記~介護は十人十色!~」。デイサービスでの勤務経験をもとに、利用者が高齢者と交わすユーモラスなやりとりなどを演じた。

 このほか、県内の最高齢男性にあたる110歳の宮城朝輝さんが、源平さんに花束を手渡して歓迎。会場は大きな拍手で沸いた。