沖縄県内スーパー最大手のサンエー(宜野湾市、上地哲誠社長)と楽天Edy(東京、穂坂雅之社長)は21日から、サンエー以外の楽天Edy加盟店での利用でもサンエーポイントをためることができる新しい「サンエーEdyカード」のサービスを始める。カードの利便性向上や、サンエーの利用促進を狙うほか、電子マネー決済を増やしてレジ待ち時間の短縮を目指す。

新サンエーEdyカードとサンエー公式キャラ「サンリィ」をPRした(右から)楽天カードの中村晃一常務と楽天Edyの和田圭常務、サンエーの新城健太郎常務ら=11日、那覇市・サンエー那覇メインプレイス

 楽天Edy加盟店は全国約43万店舗。同カードで支払うと200円(税別)につきサンエーポイントが1ポイントたまる。千ポイントごとにサンエー各店(一部テナントを除く)で利用できる千円分の買い物券がもらえる。

 11日、那覇市のサンエー那覇メインプレイスで会見した同社の新城健太郎常務は「キャッシュレスへのニーズが年々高まっている。楽天と組み、県内で一番普及しているEdyカードで利便性を高めたい」とあいさつ。

 楽天Edyの和田圭常務は「楽天グループの資産を生かし、加盟店の販促支援などを積極的に取り組んでいく」と述べた。