フォーモストブルーシール(沖縄県浦添市、水田正明社長)は9日、創業70周年を迎え、創業当時のパッケージを再現した限定アイス「サンフランシスコミントサンド」を3月中旬から発売すると発表した。3月3日には県外直営店としては2店舗目となる「ブルーシール キャナルシティ博多店」も福岡市内にオープンする。

創業70周年を記念し、復刻アイスなどをPRするフォーモストブルーシールの水田正明社長(右)と山田伸治取締役=9日、浦添市の同社

 限定アイスは1ドル札をデザインした緑色のパッケージ。強めのミントチョコアイスにココアビスケットを挟んだ商品で、9月下旬まで県内量販店などで販売する。130円。

 70周年を記念し、12日まで県内直営7店でアイスやソフトクリームを購入すると、シングルアイス無料券をプレゼントする。牧港、北谷、豊崎の3店ではアイスケーキなどの割引セールもある。

 浦添市の同社で記者会見した水田社長は「県民に支えられて70年。ブランド力をさらに磨き、愛される企業として、次の100年を目指したい」と抱負を語った。

 同社は1948年、米軍関係者に乳製品を供給するためうるま市の米軍基地内で設立。63年に浦添市牧港へ拠点を移し、県民へのアイスクリームの販売を始めた。2000年からは紅芋など県産素材を使ったアイスを商品化。「アメリカ生まれ、沖縄育ち」をキャッチフレーズに商品数を拡充している。