翁長雄志知事の埋め立て承認取り消し後、県と政府の間で法律論争が熱を帯びる中、沖縄防衛局が名護市辺野古の海上でボーリング調査を再開した。一方、県の公開質問状には「回答と言えない回答」(県幹部)が届いた。政府の「問答無用」「なりふり構わぬ」(翁長雄志知事)といった前のめりの姿勢が続いている。