旧満州からの引き揚げ者でつくる沖縄満州会が15日、会員の高齢化を理由に15年の活動の幕を閉じる。最後の総会が同日、那覇市のパシフィックホテル沖縄で開かれる。名城郁子会長(81)らは9日、沖縄タイムス社を訪れ「会の活動の締めくくりとなる。一人でも多くの人に足を運んでほしい」と呼び掛けた。

15日に開く最後の総会への参加を呼び掛ける沖縄満州会の名城会長(右から2人目)ら=9日、沖縄タイムス社

 現在、会員は約200人、平均年齢は80代。名城会長は「残念でならないが、運営が厳しい状態。15周年記念誌『沖縄それぞれの満州』を残すことでけじめをつけた」と話す。

 記念誌には、満州で生まれ育った人や兵隊や開拓団として行った人など、会員延べ100人の体験記を掲載している。15日から県内書店に並ぶ。価格は税込み2千円。問い合わせは尚学院、電話098(867)3515(名城)。